27
12月

英語の語学力を活かしたい!?英語を求める職場は様々ですよ

海外との取引やが外資系の会社

英語を活かした転職先と言うと、海外との取引を行っている、もしくはこれから海外に進出しようとしている企業、外資系の会社と言ったイメージがありますよね。ビジネス英会話が出来る、英文メールに対応が取れるなどのスキルが必須になる職場です。クライアントは外国人であり、英語が話せる、相手の話を理解出来るなどが求められるわけです。しかし、英語を活かせる職場には翻訳会社や印刷物の制作を手掛けている会社などもあり、英語力を活かせる職場と言うのは多数あるのです。

英語力を活かせる職場は?

カタログを制作する会社の中には英語力を持つスタッフを募集しているケースがあります。従来は、翻訳業務においては翻訳会社にアウトソースしていたもの、自社内で完結させる目的で、英語が達者であるスタッフを確保したい制作会社も多くなっています。カタログの中には日本語ではなく英文カタログとして発行するケースもあり、顧客からの日本文を元にして英文でのライティングを行えるスタッフが必要になってくるため、英語力を活かせる職場の一つでもあるのです。

翻訳会社のコーディネーター

翻訳会社の中には海外在住の外注スタッフを数多く抱えているケースもあります。翻訳作業はすべて海外スタッフに依頼をする、翻訳会社の中では外注スタッフとクライアントの仲介を行うと言ったビジネススタイルを持つ会社も少なくありません。仲介と言っても外注スタッフは日本語で話が出来ないケースも多く、英語力が必須になる職場でもあるのです。翻訳会社の中で仲介を務める人の事をコーディネーターと言いますが、コーディネーターも英語力を活かせる仕事と言えましょう。

英語の転職では、自分のスキルを活かせる職場が見つかるため、今まで以上にやりがいを感じながら働けます。