24
12月

突然の単身赴任!赴任先で住まいはどうする?

単身赴任と赴任にかかる費用

長期の出向などを突然言い渡されてしまい、家族と相談した結果として単身赴任をするという決断をする場合があるでしょう。そのときにどのようにして住まいを用意するかが大きな問題となります。まずは会社に相談して費用をどのように支給してくれるかを確認するのが大切です。単身赴任の場合には住居費をある程度支給してくれることが多いため、その支給され方に応じて自分の負担を抑えられる住み方をするのが家計を支える選択になります。

マンスリーマンションが万能

単身赴任で住居費が支給される場合には大抵は家賃の全額か一部を負担してくれるという形になり、それに加えて赴任費用が支給されるだけの場合がほとんどです。もしそれで賃貸マンションを借りると家具や家電を買い揃えるのに大きな費用がかかります。しかし、そこでマンスリーマンションを選ぶと家具や家電が揃っているため、余計な費用がかかることはありません。単身赴任のときに万能とも言えるのがマンスリーマンションなのです。

すぐに働き始められるメリット

マンスリーマンションを選ぶと金銭的な負担を減らせるだけでなく、仕事についてもメリットを生み出せます。家具や家電の買い出しが必要なく、水道やガスなども入居した日から利用できるようになっているので住み始めるのに手間がかかりません。赴任したその日からでも働き始めることが可能であり、仕事が忙しい人にとっては特にメリットが大きいでしょう。単身赴任の人に向けて経営を始めたマンスリーマンションが多いため、その便宜を図ってあるのです。

単身赴任の時にもマンスリーマンションを利用することが出来ます。必要な家具や家電が全て揃っているので、それらをわざわざ買うことなく生活することが出来ます。