23
12月

歯科衛生士に必要不可欠な仕事の内容とは!

虫歯、あるいは歯周病の予防的なケア

歯医者で治療して貰うことが求められるのは、虫歯、あるいは歯周病に発展しないためです。いかに細部に至るまで歯磨きを行なっても、虫歯、あるいは歯周病は生じてしまうので、歯科衛生士が予防処置しないといけないのです。これについてはプラーク並びに歯石などを取り去ることです。こちらのプラークは細菌と代謝物なので、きれいに消去しなければ歯石が生じてしまいます。歯石を除かなければ、虫歯、あるいは歯周病となってしまうため、歯科衛生士が実施する予防処置はとてもキーポイントとなる仕事といえます。

スムーズな治療を行う為に診療補助を実施します

歯科診療につきましては1人がケアをする訳ではなく、歯医者がチームという立場で診療に取り組んでいます。その結果歯科衛生士につきましては歯科診療補助を実施して、歯科医師のサポートであるとか、歯科医師及び病を患っている方の仲介と化して、意思の疎通をはかることも不可欠です。そのようなときには病を患っている方に歯の痛いところ、あるいは戸惑いを覚えるところは無いかチェックするのです。他に、歯医者の指図に則って診療します。但し病を患っている方に危険が至らない範囲の診療ということで、懸念することは不要です。

歯科保全指導について

歯科医院で患者をケアしても、患者が食事を食べた後に正しくない歯磨きを実行すれば、容易に虫歯が生じてしまいます。その結果歯科衛生士は、病を患っている方に適切な歯磨きをアドバイスして虫歯になり難いように歯科保全指導をすることになります。歯ブラシが達しない所には糸ようじもしくは歯間ブラシをすすめたり、或いは歯の裏にある部分の磨き方などを明快にレクチャーします。それから鏡を使用し病を患っている方に歯の様子を見せ、現時点での歯磨きの方法ではこういった虫歯が生じてしまうことも伝達します。患者の気持ち変えて虫歯になりづらいようにするのが、歯科保全指導というものになります。

歯科衛生士の求人とは歯科医院で医師の指示を受けて治療する衛生士の募集をすることです。最近は日曜日や夜遅くまで営業している歯科医院があるので衛生士の需要があります。